ON.CO RE:CRUITEON.CO RE:CRUITE

応募する

WHAT IS ON

オンとは

ON ɑn, ɔːn, αn, ’ɔːn|ɔn, ’ɔn 】
[前置詞] …の上に / …の身につけて / …を軸にして
…に接して / …と同時に / …に向かって / etc.
[副詞] 上に / 身につけて / 前方へ / 絶えず、ずっと / etc.

私たちは、被写体や出来事、空間など、世の中のあらゆるものに“ファッション”を、“今”をオンする会社です。洋服はもちろんのこと、音楽、アート、ホテル、レストラン、ストリート、映像と、さまざまな角度・ストーリーでアプローチをしています。そう、もはや“アパレル”や“布”といった制限から解き放たれて!

大切にしているのは、“その時代、その土地だから生まれるもの”。その必然性にONismをブレンドすることで、新たなカルチャーを生み出す。“ファッション”をもって、世界を彩っていきたいと思っています

MESSAGE

有限会社オン代表からのメッセージ

笑顔の為に、世界を彩る。

どんな仕事に出会いたいか?

ONは、全員がやりたい仕事のみを全力でやっている会社でありたいと思っています。今はまだそのやりたいことに出会っていなくても、それを見つけたい! と本気になって探し求める人なら大歓迎です。「生きていて何を手に入れられるか?」の問いには簡単には答えられませんが、真剣に打ち込める仕事は、あなたに自信やアイデンティティをもたらします。プロセスから興奮できる仕事、一緒になって熱中できる仲間。みんなで人生を豊かにするような、そんな会社を目指しています。

変化を続ける世界で、必要とされる人。

大企業に資本が集中していく傾向は、今後ますます加速するでしょう。その一方で、これからの時代に必要とされるのは、大きな歯車のひとつではなく、より“個々”の力になると感じています。
規模を追求するんじゃなく、その影響力で社会にインパクトを与え、“ファッション”を通して「今」と「これから」をつくること。それこそがON styleです。

TYPE OF JOB

オンのキャリアステップ、社員の声をお届け

SOLOV/CHEEKY 生産管理
右成 契祐
▼ READ MORE▲ CLOSE
僕は大学を卒業してから数年間、夢を具体化することはもちろん就職にも希望を持てずただフラフラとフリーター生活を送っておりました。
同世代の周りの人たちとあまりもの仕事へのモチベーションの違いに、コレじゃまずいと思いながらもきっかけを掴めずにいました。
ある時!フラフラしていた時の遊び友達の縁で色んなタイミングがかさなって、偶然に1年半前にこの会社に入社しました。
しかしまったくのアパレル未経験者、人としてのパワー不足、最初は何をしていいのか分からず、オンラインストアの部署で本当に一から教えて頂きながら、社内の色々な仕事に携わらせて頂きました。学生のように声をかけられるのを待ってしまっていたり、言われた仕事を覚える!だけに気をとられて、カッコイイ!やカワイイ!からほど遠くてあたふたしたり、、そんな中、半年程前から自社で展開しているSOLOVというブランドの生産管理の仕事を任せてもらえることになりました。
商品作りの最初の段階からお客さまのもとに届くまで、その全ての過程に寄り添うこの仕事は関わる人も多く、チームで仕事をしなくてはなりません。
日々、失敗と挫折の連続で勉強することばかりです。
それでも、がむしゃらに一生懸命やっていると最近やりがいを感じるようになってきました。
1年半前の自分と比べると違いは歴然です。
この調子で30歳ぐらいまでには学生の時に夢みた、海外のフェスに行って、世界のサブカルチャーを楽しめるようになれたら!!と会社に感謝と貢献しながら、また会社自身をもっと面白くしていきたいです。
CLEOPATRA fig スタッフ
森山 由美
▼ READ MORE▲ CLOSE
私がCLEOPATRA figで働くようになったのは大学3年生の時のことです。
元々、CLEOPATRA figが好きで、お客様として通っていました。ドメスティックブランドを始め、海外のブランドもすごく多く、個性的だなという印象でした。
そもそもセレクトショップというものに興味を持ったのはNYに留学したことがきっかけです。服飾の学校に行っていた訳ではないのですが、洋服がすごく好きでNYで本物を見てみたい!と漠然と思い、1年間留学をしました。
帰国したら絶対ショップで働きたいと思っていたので迷わずCLEOPATRA figに応募しました。アパレル経験が全くなかったので最初は分からないことだらけで失敗もいっぱいしました。
それでも他のバイトも続かなかった私が、社会人になって社員としてCLEOPATRA figで働いていることは他ではないたくさんの経験が出来るからです。
スタッフ同士の距離も近く、会社のみんなでキャンプに行ったりフェスに行ったりとイベントごとが多いのも魅力です。
今後は、CLEOPATRA figをまだ知らない方に向けてこんな素敵なお店です!ということを知ってもらえるように発信していきたいです。
そして自分ももっと輝く存在になっていきたいと思っています。
CLEOPATRA fig TOKYO ショップスタッフ
吉田 可奈
▼ READ MORE▲ CLOSE
約1年の育児休暇を終えて今年の春から仕事に復帰しました。最初は息子を保育園に預ける寂しさや、仕事と育児の両立への不安など沢山ありましたが、仕事への復帰が決まった時「またファッションのお仕事が出来る!」というワクワクした気持ちに自然となれました。復帰当初は勘がなかなか戻らず、1年のブランクの大きさを思い知りました。以前と全く同じようにということは時間の都合でできないし、子供の急な熱や病気でスタッフに迷惑を掛けてしまう事も多々あります。それでも仕事が続けられるように、私の生活スタイルに合わせた仕事ができるよう協力してくれるスタッフに本当に感謝をしています。そして何よりも好きな仕事をして、自分らしくいられる時間が出来た事で心にゆとりが持てるようになり、家族との時間がより一層大切に思えるようになりました。
バイヤー/CHEEKY アシスタントデザイナー
福田 みや
▼ READ MORE▲ CLOSE
私はこの会社に入社する前もアパレルやアクセサリーの会社に勤め販売員として働いていました。もちろん接客は好きでしたが、他にも色んな事にチャレンジしたいと思っていて、なかなかその先のステップがなくて将来について悩んでいた時、以前からお客さんとして買い物にきていた今の会社に就職する事になりました。最初はレディースの取り扱いが少なかったところから、絶対にレディースのお客様を増やす!もっとレディースの取り扱いを増やしたいとゆう思いでがむしゃらにやってきました。ブランドにお願いして受注会をやらせて貰ったり、別注アイテムを企画して作ったりて、コツコツと顧客様を作ってきました。当時バイヤーをしていた社長に、バイイングの術を教えて頂き、兼ねてからやってみたかったバイヤーのお仕事を任せて頂けるようになりました。自分で行うお店作りに責任感が沸き、より一層自分が取ってきたブランド、アイテム達をお客様に自らお勧めするという事にとてもやりがいを感じました。当時はファッションの最先端の情報はバイヤーからショップに伝わり、最新の情報はショップにゲットしに行く!という時代。
今はSNSで何でも情報が落ちてる時代ですが、私はやはり直接デザイナーから聞いた作り手の話であったり、アイテムのディティールなどお客様にじっくりと向き合い、小さいながらその人達としっかりと高いクオリティーやお客様の好みを理解してバイイングを提案させていただくのが、本来のあり方だと思いこの仕事をやり続けています。
バイイングを通じて、長く洋服と寄り添い、そして楽しんで、たくさん洋服を見てきた経験をもとに、これからはバイイングもちろん、デザインの仕事にも今挑戦しています。これからは沢山の方に喜んで頂ける洋服を作っていきたいと思っています!
マネジメントリーダー/MD
石川 江里
▼ READ MORE▲ CLOSE
私は大手アパレル企業で10年勤務の後、オンに入社しました。大きな企業の中でキャリアアップしていくことを目標に仕事をしていました。が、それと同時に完成されたシステムの中での仕事に閉塞感のようなものも感じていました。
オン入社後すぐは新店の高島屋の店長に配属されました。そこでは前職での店長経験を生かし、百貨店ならではのお店作りと商品仕入・スタッフ育成に従事しました。システムのない中での仕事は自由度は高い分、想像を超える大変さでした。それでも良いアイデアが出るとすぐに採用され、結果が出るとすぐに認められました。気がつくと1年後のルミネ店オープンを期にDeptのリーダーに抜擢され、事業部全ての裁量を与えられていました。
セレクトショップに必要なプロジェクトすべてに関わりショップ側の立場としてチーム全体を進めていく。その内容は、数値管理(MD/DB)、商品仕入(国内外バイイング)、商品企画、シーズンディスプレイ、イベント企画、プレス応対、人材育成、販売に至るまで多岐にわたります。
自分の想像しうる全てを注力して進めてゆくその仕事のあり方は大変さもありますが、今までにない大きなやりがいを感じています。
CLEOPATRA fig TOKYO ショップスタッフ
戸塚 咲夏
▼ READ MORE▲ CLOSE
私の働くCLEOPATRA fig新宿店は、大阪以外の場所にある唯一のショップです。
わたしはファッションが大好きで、その中でもスタイリングを考えることが好きです。
それぞれのお客様1人1人に向けてお客様との何気ない会話からお客様のその日のスタイル、気になる最近トレンド....etc いろんな角度からお客様の気持を汲み取って、その方ピッタリのスタイルを提案したい。ただ単にお買い物をしたという満足感だけじゃない、なにかを感じてもらえたらいいな、と思っています。それは落ち込んだ時や、嬉しいことがあった時に、思わず寄ってみたくなるような、、、ファッションを通じて、お客様のよりどころのような場所でありたいとも思います。
また、東京という場所柄、ショップを代表してパーティに参加したり、バイヤーに同行してブランド展示会に行かせてもらったりできるのもスゴく楽しいです。ファッション業界の方との出会いは刺激をたくさん受けます。
その時のテンションをお客様にいち早くお伝えすることができるのもこの仕事の醍醐味のひとつです。
バイヤー/ショッププレス
奥田 淳司
▼ READ MORE▲ CLOSE
ちょっとこう言うページは苦手なのですが、、そろそろ入社3年目、若手チームを自ら創っていけ!の年齢らしいので、、、笑 すこしだけお話します。
今の時代、デザイナーズの服が売れないとよく耳にします。みんなファストファッションで済ませてしまうからだと。
あくまでも個人的な意見ですが、僕はそれがあまり好きではありません。なぜなら格好良くないからです。値段も安いし、縫製も悪くない。でも何かが足りない、と感じます。僕はバイヤーとして、デザイナー自身からそのコレクションのこだわりや、そのデザインのルーツを聞くことができます。
僕はショップスタッフとしてただ洋服売るだけでなく、デザイナーの思いもお客様に伝えたいと思っています。日本中にセレクトショップや洋服のブランドは数え切れないほどたくさんあります。CPで取り扱っているブランドも、中には他の店で見つける事ができるものもあります。店に出向かなくてもインターネットのボタン一つで何でも手に入る時代です。そんな時代だからこそCLEOPATRAのフィルターを通した情報で、自分達のスタイルを発信し、ココで買うからこそ意味がある、ココのお店はやっぱり格好良いな、とお客様に思ってもらいたい。
そうすることで少しでもファッションの好きな方が街に溢れて、街全体が格好良くなったら良いなと考えています。
ショップマネージャー/アシスタントバイヤー
阪口 愛里
▼ READ MORE▲ CLOSE
私は幼いころから洋服とファッションが大好きでした。16歳まで海外で育ち、色んな国のファッションシーンやカルチャーに触れてきたので、日本に戻ってからファッションの仕事に就くというのは私にとってはとても自然な流れでした。中でも1つのブランドに縛られず、様々なジャンルと世界中からセレクトされたブランドをミックスして発信しているところに惹かれ、私はONに入社しました。
最初はショップスタッフとして接客の楽しさを学び、次に店長となってお店作りして行く中でどういう風に商品がセレクトされているかを興味を持っていた時に、バイヤーに展示会一緒に行こう、と声をかけられました。来シーズンのコレクションを一足早く目にし、実際に手にして、デザイナーと直接話すこともあります。常に最新のコレクションとファッショントレンドを追いかけていくこと、そしてイメージを持つことが大切だと感じました。
また1日に何軒もアポイントをこなすのは体力勝負でもあります。それでも毎回新しい発見やアイデアが生まれたりと、、吸収することばかりです。
最近、自分が行った展示会の商品が店頭に並びはじめ、お客様が手に渡る瞬間を目にしています。可愛い!と言ってくださったり、実際に購入して頂く姿をみるとすごくやりがいを感じます。
今はまだアシスタントですが、メインバイヤーとして任せてもらえるよう、もっと勉強して頑張りたいと思います。
ショップマネージャー/東京エリアリーダー
米田 慎吾
▼ READ MORE▲ CLOSE
入社8年目
はじめはFANという大好きなブランドが集まったショップからスタート。お店のブランディング、商品のバイイングなど一通り店舗の全て自分の責任でやりきり、売上もかなり伸ばすことができ、デザイナーとのコラボ商品を作ったり、受注会の企画など、、まだブログやtwitterなどSNSも普及してない時代でしたが、ファッション、カルチャー好きが集まるストリートなショップを作り上げていました。
5年目に転機のタイミング。次のステップとしてFANを譲り受けて自分のお店として展開していくか。
それとももっとたくさんのスタッフをまとめて大きな数字を作っていく部署に異動するか。大きい数字を動かし会社の規模を変えて行き、次のステップに行くにはそこからではないかと思い、今の部署に異動。そこからルクア店で1年店長をし、今は東京で自分で選んだスタッフと共にお店作りをしていて、店舗拡大に向けて動いています。
服が好きという気持ちだけで始めたアパレルですが、今はそれを伝える側。将来はその時代に良い形で、自分の店舗を展開していきたいと思っています。
SOLOV/CHEEKY 生産管理
右成 契祐
▼ READ MORE▲ CLOSE
僕は大学を卒業してから数年間、夢を具体化することはもちろん就職にも希望を持てずただフラフラとフリーター生活を送っておりました。
同世代の周りの人たちとあまりもの仕事へのモチベーションの違いに、コレじゃまずいと思いながらもきっかけを掴めずにいました。
ある時!フラフラしていた時の遊び友達の縁で色んなタイミングがかさなって、偶然に1年半前にこの会社に入社しました。
しかしまったくのアパレル未経験者、人としてのパワー不足、最初は何をしていいのか分からず、オンラインストアの部署で本当に一から教えて頂きながら、社内の色々な仕事に携わらせて頂きました。学生のように声をかけられるのを待ってしまっていたり、言われた仕事を覚える!だけに気をとられて、カッコイイ!やカワイイ!からほど遠くてあたふたしたり、、そんな中、半年程前から自社で展開しているSOLOVというブランドの生産管理の仕事を任せてもらえることになりました。
商品作りの最初の段階からお客さまのもとに届くまで、その全ての過程に寄り添うこの仕事は関わる人も多く、チームで仕事をしなくてはなりません。
日々、失敗と挫折の連続で勉強することばかりです。
それでも、がむしゃらに一生懸命やっていると最近やりがいを感じるようになってきました。
1年半前の自分と比べると違いは歴然です。
この調子で30歳ぐらいまでには学生の時に夢みた、海外のフェスに行って、世界のサブカルチャーを楽しめるようになれたら!!と会社に感謝と貢献しながら、また会社自身をもっと面白くしていきたいです。
バイヤー/CHEEKY アシスタントデザイナー
福田 みや
▼ READ MORE▲ CLOSE
私はこの会社に入社する前もアパレルやアクセサリーの会社に勤め販売員として働いていました。もちろん接客は好きでしたが、他にも色んな事にチャレンジしたいと思っていて、なかなかその先のステップがなくて将来について悩んでいた時、以前からお客さんとして買い物にきていた今の会社に就職する事になりました。最初はレディースの取り扱いが少なかったところから、絶対にレディースのお客様を増やす!もっとレディースの取り扱いを増やしたいとゆう思いでがむしゃらにやってきました。ブランドにお願いして受注会をやらせて貰ったり、別注アイテムを企画して作ったりて、コツコツと顧客様を作ってきました。当時バイヤーをしていた社長に、バイイングの術を教えて頂き、兼ねてからやってみたかったバイヤーのお仕事を任せて頂けるようになりました。自分で行うお店作りに責任感が沸き、より一層自分が取ってきたブランド、アイテム達をお客様に自らお勧めするという事にとてもやりがいを感じました。当時はファッションの最先端の情報はバイヤーからショップに伝わり、最新の情報はショップにゲットしに行く!という時代。
今はSNSで何でも情報が落ちてる時代ですが、私はやはり直接デザイナーから聞いた作り手の話であったり、アイテムのディティールなどお客様にじっくりと向き合い、小さいながらその人達としっかりと高いクオリティーやお客様の好みを理解してバイイングを提案させていただくのが、本来のあり方だと思いこの仕事をやり続けています。
バイイングを通じて、長く洋服と寄り添い、そして楽しんで、たくさん洋服を見てきた経験をもとに、これからはバイイングもちろん、デザインの仕事にも今挑戦しています。これからは沢山の方に喜んで頂ける洋服を作っていきたいと思っています!
バイヤー/ショッププレス
奥田 淳司
▼ READ MORE▲ CLOSE
ちょっとこう言うページは苦手なのですが、、そろそろ入社3年目、若手チームを自ら創っていけ!の年齢らしいので、、、笑 すこしだけお話します。
今の時代、デザイナーズの服が売れないとよく耳にします。みんなファストファッションで済ませてしまうからだと。
あくまでも個人的な意見ですが、僕はそれがあまり好きではありません。なぜなら格好良くないからです。値段も安いし、縫製も悪くない。でも何かが足りない、と感じます。僕はバイヤーとして、デザイナー自身からそのコレクションのこだわりや、そのデザインのルーツを聞くことができます。
僕はショップスタッフとしてただ洋服売るだけでなく、デザイナーの思いもお客様に伝えたいと思っています。日本中にセレクトショップや洋服のブランドは数え切れないほどたくさんあります。CPで取り扱っているブランドも、中には他の店で見つける事ができるものもあります。店に出向かなくてもインターネットのボタン一つで何でも手に入る時代です。そんな時代だからこそCLEOPATRAのフィルターを通した情報で、自分達のスタイルを発信し、ココで買うからこそ意味がある、ココのお店はやっぱり格好良いな、とお客様に思ってもらいたい。
そうすることで少しでもファッションの好きな方が街に溢れて、街全体が格好良くなったら良いなと考えています。
CLEOPATRA fig スタッフ
森山 由美
▼ READ MORE▲ CLOSE
私がCLEOPATRA figで働くようになったのは大学3年生の時のことです。
元々、CLEOPATRA figが好きで、お客様として通っていました。ドメスティックブランドを始め、海外のブランドもすごく多く、個性的だなという印象でした。
そもそもセレクトショップというものに興味を持ったのはNYに留学したことがきっかけです。服飾の学校に行っていた訳ではないのですが、洋服がすごく好きでNYで本物を見てみたい!と漠然と思い、1年間留学をしました。
帰国したら絶対ショップで働きたいと思っていたので迷わずCLEOPATRA figに応募しました。アパレル経験が全くなかったので最初は分からないことだらけで失敗もいっぱいしました。
それでも他のバイトも続かなかった私が、社会人になって社員としてCLEOPATRA figで働いていることは他ではないたくさんの経験が出来るからです。
スタッフ同士の距離も近く、会社のみんなでキャンプに行ったりフェスに行ったりとイベントごとが多いのも魅力です。
今後は、CLEOPATRA figをまだ知らない方に向けてこんな素敵なお店です!ということを知ってもらえるように発信していきたいです。
そして自分ももっと輝く存在になっていきたいと思っています。
マネジメントリーダー/MD
石川 江里
▼ READ MORE▲ CLOSE
私は大手アパレル企業で10年勤務の後、オンに入社しました。大きな企業の中でキャリアアップしていくことを目標に仕事をしていました。が、それと同時に完成されたシステムの中での仕事に閉塞感のようなものも感じていました。
オン入社後すぐは新店の高島屋の店長に配属されました。そこでは前職での店長経験を生かし、百貨店ならではのお店作りと商品仕入・スタッフ育成に従事しました。システムのない中での仕事は自由度は高い分、想像を超える大変さでした。それでも良いアイデアが出るとすぐに採用され、結果が出るとすぐに認められました。気がつくと1年後のルミネ店オープンを期にDeptのリーダーに抜擢され、事業部全ての裁量を与えられていました。
セレクトショップに必要なプロジェクトすべてに関わりショップ側の立場としてチーム全体を進めていく。その内容は、数値管理(MD/DB)、商品仕入(国内外バイイング)、商品企画、シーズンディスプレイ、イベント企画、プレス応対、人材育成、販売に至るまで多岐にわたります。
自分の想像しうる全てを注力して進めてゆくその仕事のあり方は大変さもありますが、今までにない大きなやりがいを感じています。
ショップマネージャー/アシスタントバイヤー
阪口 愛里
▼ READ MORE▲ CLOSE
私は幼いころから洋服とファッションが大好きでした。16歳まで海外で育ち、色んな国のファッションシーンやカルチャーに触れてきたので、日本に戻ってからファッションの仕事に就くというのは私にとってはとても自然な流れでした。中でも1つのブランドに縛られず、様々なジャンルと世界中からセレクトされたブランドをミックスして発信しているところに惹かれ、私はONに入社しました。
最初はショップスタッフとして接客の楽しさを学び、次に店長となってお店作りして行く中でどういう風に商品がセレクトされているかを興味を持っていた時に、バイヤーに展示会一緒に行こう、と声をかけられました。来シーズンのコレクションを一足早く目にし、実際に手にして、デザイナーと直接話すこともあります。常に最新のコレクションとファッショントレンドを追いかけていくこと、そしてイメージを持つことが大切だと感じました。
また1日に何軒もアポイントをこなすのは体力勝負でもあります。それでも毎回新しい発見やアイデアが生まれたりと、、吸収することばかりです。
最近、自分が行った展示会の商品が店頭に並びはじめ、お客様が手に渡る瞬間を目にしています。可愛い!と言ってくださったり、実際に購入して頂く姿をみるとすごくやりがいを感じます。
今はまだアシスタントですが、メインバイヤーとして任せてもらえるよう、もっと勉強して頑張りたいと思います。
CLEOPATRA fig TOKYO ショップスタッフ
吉田 可奈
▼ READ MORE▲ CLOSE
約1年の育児休暇を終えて今年の春から仕事に復帰しました。最初は息子を保育園に預ける寂しさや、仕事と育児の両立への不安など沢山ありましたが、仕事への復帰が決まった時「またファッションのお仕事が出来る!」というワクワクした気持ちに自然となれました。復帰当初は勘がなかなか戻らず、1年のブランクの大きさを思い知りました。以前と全く同じようにということは時間の都合でできないし、子供の急な熱や病気でスタッフに迷惑を掛けてしまう事も多々あります。それでも仕事が続けられるように、私の生活スタイルに合わせた仕事ができるよう協力してくれるスタッフに本当に感謝をしています。そして何よりも好きな仕事をして、自分らしくいられる時間が出来た事で心にゆとりが持てるようになり、家族との時間がより一層大切に思えるようになりました。
CLEOPATRA fig TOKYO ショップスタッフ
戸塚 咲夏
▼ READ MORE▲ CLOSE
私の働くCLEOPATRA fig新宿店は、大阪以外の場所にある唯一のショップです。
わたしはファッションが大好きで、その中でもスタイリングを考えることが好きです。
それぞれのお客様1人1人に向けてお客様との何気ない会話からお客様のその日のスタイル、気になる最近トレンド....etc いろんな角度からお客様の気持を汲み取って、その方ピッタリのスタイルを提案したい。ただ単にお買い物をしたという満足感だけじゃない、なにかを感じてもらえたらいいな、と思っています。それは落ち込んだ時や、嬉しいことがあった時に、思わず寄ってみたくなるような、、、ファッションを通じて、お客様のよりどころのような場所でありたいとも思います。
また、東京という場所柄、ショップを代表してパーティに参加したり、バイヤーに同行してブランド展示会に行かせてもらったりできるのもスゴく楽しいです。ファッション業界の方との出会いは刺激をたくさん受けます。
その時のテンションをお客様にいち早くお伝えすることができるのもこの仕事の醍醐味のひとつです。
ショップマネージャー/東京エリアリーダー
米田 慎吾
▼ READ MORE▲ CLOSE
入社8年目
はじめはFANという大好きなブランドが集まったショップからスタート。お店のブランディング、商品のバイイングなど一通り店舗の全て自分の責任でやりきり、売上もかなり伸ばすことができ、デザイナーとのコラボ商品を作ったり、受注会の企画など、、まだブログやtwitterなどSNSも普及してない時代でしたが、ファッション、カルチャー好きが集まるストリートなショップを作り上げていました。
5年目に転機のタイミング。次のステップとしてFANを譲り受けて自分のお店として展開していくか。
それとももっとたくさんのスタッフをまとめて大きな数字を作っていく部署に異動するか。大きい数字を動かし会社の規模を変えて行き、次のステップに行くにはそこからではないかと思い、今の部署に異動。そこからルクア店で1年店長をし、今は東京で自分で選んだスタッフと共にお店作りをしていて、店舗拡大に向けて動いています。
服が好きという気持ちだけで始めたアパレルですが、今はそれを伝える側。将来はその時代に良い形で、自分の店舗を展開していきたいと思っています。

ORGANIZE

オンの組織をご紹介

CREATIVE

オンが取り組んできた仕事

SERVICE

PROJECT